SolydXK に関する Q&A


SolydXK は日本語で使えますか?

はい。201407 より SolydXK は公式に日本語対応が行われています。

更に日本語パッケージを含めた SolydXK 日本語 ISO は
コミュニティ版として公開しています。

 

SolydXK のインストール時に日本語を選択すると

各パッケージの日本語言語ファイルと fcitx-mozc をインストールします。

そのため、日本語化の作業を行う事なく、

すぐに使用する事が可能になっています。

 

SolydXK の公式で公開される ISO ではライブ起動が英語表示になりますが、

インストーラーで Japan・Japanese を選択すると、
その後は日本語表示で進められます。

また、日本語パッケージが ISO に含まれていないため、

必要なパッケージをダウンロードし、インストールします。

そのため、インストール時はネット接続を行ってから
インストーラーを進めて下さい。

 

日本語 ISO は日本語言語ファイルと fcitx-mozc の各パッケージを
ISO に含めたものです。

そのため、ネット接続しなくても日本語パッケージがインストール可能で、

ダウンロードしない分、速くインストールを行う事ができます。

インストール後の状態は オリジナルの ISO と日本語 ISO で

ほぼ同じ状態になります。


SolydXK は Debian リボジトリのどこを参照していますか?

SolydXK は 201501 より Debian Jessie ベースとなりました。

テスト版(testing) から 安定版(stable) へ移行されていますが、

Jessie ベースという意味では変化していません。

 

SolydXK 独自のアプリを除いて Debian のリボジトリを直接参照しています。

 

Community Edition で公開されている SolydXK Enthusiast’s Editions は

testing (stretch) ベースとなっています。より新しいパッケージを使用できます。

SolydK はリボジトリの影響を受けて KDE Plasma 5 となります。

 

以前存在していた Business Edition は安定度重視のため、

現在の旧安定版 wheezy ベースでした。現在は公開されていません。


なぜ 64 ビット版のみ公開になったのですか?

一つの理由がプロジェクトリーダーの作業負担軽減策で、
別の人が 32 ビット版をビルドするように変更された経緯があります。

ただしこの32ビット版を公開するメンバーは
元々 SolydXK のサーバを管理するメンテナーです。

なので、事実上は 32 ビット版は今も公式版に近い存在となっています。

 

※ コミュニティ版(Community Edition)は
  他のユーザーによってビルド・公開されているバージョンの事です。


SolydXK は libdvdcss・w32/w64codecs を含めていますか?

現在配布されている SolydXK の ISO には

libdvdcss・w32/w64codecs が含まれていません。

 

SolydXK は Linux Mint Debian Edition を引き継いていたため、
当初の ISO では libdvdcss・w32/w64codecs が含まれていました。

日本を含む一部の国ではこれにより法的な問題があります。

(libdvdcss は日本からの「配布」が 不正競争防止法 に触れる恐れがあります)

 

これを解決するため、201407 から ISO に含めなくなりました。

最新版ではインストール後に起動する SolydXK Welcome より
パッケージをインストールできるようになっています。

この場合も SolydXK のリボジトリは日本に存在せず、海外からダウンロードします。

このような経緯により、SolydXK の日本からの配布も法的問題を解消したため、

日本に設置される OSDN へ ISO を置いて配布を実現できています。

 

なお、日本の法的に問題なのは「配布」であって、「使用」は含まれません。


Firefox に「ESR」が付いていますが?

ESR は法人向けの延長サポート版です。
サポート期間約 1 年、マイナーアップデートは 6 週間ごとになっています。

そのため、Firefox に追加された新機能は遅れますが、安定度はあります。

 

Firefox/Thunderbird 法人向け延長サポート版 (ESR) | Mozilla Japan

 

なお、Iceweasel は この ESR 版の Firefox をベースにしているため、

公開されるバージョンはほぼ一緒になります。

 

Debian では 2016 年より Iceweasel に代わって
Firefox ESR 版をリボジトリに含めるようになりました。

SolydXK では Firefox ESR 版を以前から採用していましたが、
Debian リボジトリのパッケージを採用するように変更されています。

これによって日本語版でも 201606 より Firefox ESR 版でビルドしています。

(日本語表示の影響で 201602 は最新の Firefox を採用していました)


以前から SolydXK を使用していますが、デザインは変更できますか?

2016年1〜2月のパッケージ更新で新デザインのパッケージは含まれますが、

従来のデザインも残され、そのまま使用できるようになっています。

そのため新デザインの反映には手作業で更新が必要です。

 

背景の変更は通常の壁紙を変更する方法に同じです。

 

メニューのアイコンはアイコンの右クリックからメニューがあります。

アイコン画像は /usr/share/pixmap/ 内にあります。

 

スプラッシュ画面(起動・終了画面)を変更したい場合は、
ターミナルより次のように実行します。

 

(SolydX の場合。SolydK の場合は solydx→solydk に変更)

sudo plymouth-set-default-theme solydx-logo-flat

sudo update-initramfs -u -k all

sudo update-grub

 

sudo update-grub は SolydX・SolydK を
最初に起動するGRUB にしている場合に実行します。

他の Linux に任せている場合は、その Linux で GRUB を更新して下さい。


SolydX で終了させたいのですが、どこにありますか?

SolydX では Whisker Menu が
デフォルトのメニューとして採用されています。

Whisker Menu で表示される終了アイコンは

メニューアイコンから一番離れたところにある
下矢印のアイコンになります。


初期状態のまま下にトレイがある場合、

メニューの右上にある下矢印のアイコンが
システム終了のアイコンです。

場所を移動した場合、
左上にメニューアイコンがあれば右下、

右上にメニューアイコンがあれば左下、

右下にメニューアイコンがあれな左上に表示されます。


この操作に不満がある場合、
パネルのアイテムとして「アクションボタン」を追加して下さい。

ユーザー名がパネルに追加され、

このユーザー名をクリックすると終了メニューが表示できます。


[SOLVED] SolydK: cannot delete "Office" in Favorites of menu | Forum


SolydK メニュー のお気に入りにある Office アイコンが削除できません

メニューのお気に入り項目を右クリックすると

「お気に入りから削除」と表示するのですが

Office だけ「お気に入りに追加」で

削除できなくなっています。 

これは 201407 より発生しているバグで、
現在の配布 ISO でも継続中です。


~/.kde/share/config/kickoffrc を

テキストエディタ KWitre などで開きます。

FavioriteURLS= の値から

/usr/share/applications/kde4/libreoffice-stratcenter.desktop,

を削除します。(区切りの , に注意) 


この後ログアウト→ログイン、
または SolydK を再起動して下さい。


数カ月おきに ISO が公開されていますが、再インストールする必要はありますか?

基本的には再インストール不要です。
Debian のベースになっているバージョンが変化ない限りは

アップグレードマネージャの更新で同等の状態になります。

ただし、細かいパッケージ変更はアップグレードであえて行われず、

古い状態を維持させるようにする事で、表示などに違いが発生する事があります。

最新状態を正しく反映するために再インストールを行った方が良い場合もあります。

 

特に大きな変化は次のところになります。

  • 201501 より SolydXK は testing より jessie ベースへ移行しました。
    testing はコミュニティ版 SolydXK EE で提供されています。
    また、Business Edition はなくなりました。
  • 201501 より 64 ビットのみが公式版となります。
    32 ビット版はコミュニティ版として継続してメンテナンス・提供されています。
  • 201601 よりデザインが一新しました。

ISO の生成を行いたいのですが……

SolydXK の開発者が公開する SolydXK Construtor は
各言語に合わせた ISO を生成できます。

任意に追加できるので、独自の ISO も生成可能です。

他の Linux でも生成はできますが、
SolydXK 向けにカスタマイズされているので、使用はおすすめできません。

 

Localizing ISOs with SolydXK Constructor | SolydXK Forum

SolydXK/solydxk-constructor | GitHub

 

運営者は SolydXK Construtor の使用で一部パーティションが破損した経験があります。

行う場合は念のためご注意下さい。

 

インストールすると メニュー - 開発 に SolydXK Constutor があるので、
これを起動します。

最初の手順としては以下の流れです。

  1. Add で ISO を追加し、中身を展開させます。
    展開先は Linux 本体のパーティション丸々なのでそれなりの空き容量が必要
    この時展開先となるワークディレクトリのパスには空白を含めないで下さい。
    空白があると意図しない動作をし、最悪パーティションを破壊する恐れがあります。
  2. Open dir を開く
    root/etc/apt/sources.lst の ftp.debian.org 2ヶ所を ftp.jp.debian.org へ変更
    root/etc/default/keyboard の XKBLAYOUT 行 “us” を “jp” へ変更
    root/etc/default/locale の LANG 行 en_US.UTF-8 を ja_JP.UTF8 へ変更
  3. Localize を選び、日本語パッケージを加える
    ロケールに ja_JP.UTF-8 を追加
    デフォルトロケールは ja_JP.UTF-8 を選択
    タイムゾーンは アジア → Tokyo を選択
    日本語パッケージがインストールされる
  4. Upgrade を選び、パッケージを最新にする
    この時 ISO 公開からの差分が大きい場合は時間を要する
  5. Build を選び ISO を生成する
    環境のスペックにもよるが一つの ISO 生成に1時間前後要する

何かパッケージを加えたい場合は 4. と 5. の間で apt で加えたり、

Open dir で開いた root 内にパッケージを直接追加します。

パッケージの更新をする場合は 4. → 5. で良いです。

 

一般配布を前提としてカスタマイズされた ISO を作成した場合は

ご連絡いただければ、紹介など対応を行わせていただき、
SolydXK プロジェクトへもご連絡を行わせていただきます。

(内容によってはお断りさせていただく場合があります)


SolydXK のサイトが正常に参照できません

SolydXK が使用しているサーバ会社で
日本の一部インターネット環境から参照が拒否されている事を確認しています。

過去に悪用された IP アドレスがたまたま割り当てられている可能性がありそうです。

IP アドレスが可変するインターネット回線では、
一度切断し接続しなおしてみて下さい。
運営者が過去経験し、回線の再接続によって改善できています。


SolydXK の公式ロゴ・フォントは配布されていますか?

公式フォーラムで公開されています。

201602 から変更された
新しいロゴはこちらです。

 

New clothes for the emperor | SolydXK

 

フォントは Roboto Slab が採用されています。

 

Roboto Slab | Google Fonts 


公式フォーラムは日本語投稿可能なのですか?

英語が困難な場合、日本語を含む言語で投稿しても良い事になっています。

おそらくこれは運営者が対応する事になり、

即答できるものはコメントを入れますが、

困難な場合は英語に翻訳して他のユーザーに支援を求める事になります。


公式フォーラムで多くの人が署名に使用している画像はどのようにして適用するのですか?

userbar タグで簡単に適用できます。署名に加えて下さい。

 

Userbars - SolydXK foums